転職希望の助産師さんへ

助産師さんの転職先として、求人の多い順にあげられるのがまず総合病院、次いで一般病院、そして専門病院となります。もちろん、いずれも出産に関わる病院です。出産に備えて入院設備が完備され、助産師には夜勤勤務が求められてきます。

命の誕生は何時何時起こるか分かりませんので、出産に関わる以上、助産師さんという職種に夜勤は避けて通れません。しかし、当然とも言える事なのですが助産師さんにもまたプライベートがあり、それぞれの事情により希望する勤務時間も異なってくるでしょう。

もちろん、医療機関によって勤務時間や求められる助産師像は異なります。希望する病院の求人に出会う為には、より多くの求人情報に出会う事が鍵となりそうです。

助産師さんの転職活動で有効に利用したいのが、看護時や助産師に特化した型の転職支援サイトです。登録は無料ですので、手軽に利用することが出来ますし、複数のサイトを併用したくさんの求人を集める事が出来るでしょう。

コンサルタントによる相談やアドバイスを受けながら潤滑な転職活動を進めることが出来ますので、転職に関する不安や求人情報の収集でお悩みの場合はぜひ賢く利用してみてください。

そもそも、助産師さんになる事が出来るのは女性だけです。命の誕生に携わる助産師さんは非常に誇り高く、またやりがいの大きいお仕事です。

しかし、その助産師さん本人の人生を考えると、女性である以上は結婚・妊娠、そして出産と、様々なイベントが起こるものでもあります。そんな中でのお仕事は、夜勤勤務があるならなおさら困難になってきてしまいますね。

つまり、看護師同様に助産師の離職率は高いと言われているのです。離職率がおおいのであれば、求人も多くまた転職も簡単なのでは?と思われるでしょう。事実、助産師さんの求人情報は決して多くは無いようですが助産師さん自体人数が不足している状態なので、助産師さんの転職事情は比較的安定していると言われています。

ページの先頭へ